事業家仲間に語った、つけ麺はあつもりができるってこと♪

こんばんは。

株式会社Peaceの土井けいじです。


人材育成や起業支援を通して、多くの方と関わりながら、自分の事業もその関わった方々の事業も拡張を目指しているわけですが、もちろんラーメンを一緒に食べにいくことも時折あります。

最近は、人材育成で共に実績を作っている事業家仲間に、意外なことを言われたので書かせて頂きます。


つけ麺は食べなくてラーメン派だという事業家仲間に、

「つけ麺は嫌いなの?」

と聞いたところ、

「つけ麺は後半にスープが冷たくなるじゃないですか?」

と言われたのです。

確かにつけ麺は夏のラーメンなので、通常冷たい麺をスープに何度もつけているとスープは冷めてきますよね。


しかし、多くのつけ麺屋さんではスープが冷めないように、提供する段階で麺をアツアツな状態で出す「あつもり」という注文方法があるのです。

(つけ麺好きな方は大体皆さんご存知ですよね、こんな内容ですみません。)

個人的には「あつもり」は、もっちり麺で食べることができる感覚があって、スープが最後まで冷え切らないのもやっぱり魅力で、いつも「あつもり」で注文をしています。

その事業家仲間はこの「あつもり」に出来ることを知らなかったらしく、これを機に「あつもり」を駆使してつけ麺を食べ始めそうです(笑)


やはり知っているのと知らないのとでは、選択は大きく変わるのですね。

これはラーメンにおいても仕事においても、大袈裟な話、人生においても同じことが言えると思います。

知っているから初めてそれが欲しいものになり、そもそも知らなければ欲しいとも思わず、選択肢にすら出てこないのです。

どんなに実績を作ることができても、人生視野を広げ続けるだけだなと改めて感じる「あつもり」の話でした。


土井けいじ